チャレンジタッチの口コミ評判は? 最悪って本当?

今人気のタブレット教材、『チャレンジタッチ』

楽しくお勉強できることで評判がいい反面で、中には『最悪』との口コミも・・・。

チャレンジタッチの受講を検討しているなら、悪い口コミやデメリットが気になりますよね。

チャレンジタッチの悪評って何?悪評は本当なの?

まなにゃん

チャレンジタッチの悪い口コミを徹底的に調査&実際に受講しているからこそわかる真相を解説していきます。

記事中では、他のタブレット教材と比較して悪い点や、他の教材に勝るメリットもご紹介しています。

まずは気になるところから読んでみましょう。

目次

チャレンジタッチの悪い口コミ

まなにゃん

チャレンジタッチの悪い口コミはこちら。

一つひとつ詳しくご説明していきます。

※気になるものをクリックすると詳細までスクロールします。

書き方判定が厳しすぎる

書き方の判定が厳しいという口コミも。

我が家もチャレンジタッチを受講していますが、確かに文字判定は結構細かくチェックされます。

こちらは実際にタブレットキャラクターに「あれれ?」といわれてしまった文字。

小学1年生の4月だし、このくらいかければいいんじゃないの?と思ってしまったりもしますが、これは✖な判定。

どこがダメなのかしっかり教えてくれるのでわかりやすく、さらに文字下のつまみを移動させると、お手本と自分の文字のバランスの違いも見れます。

まなにゃん

判定は確かに厳しいけど、チャレンジタッチにしてから、子ども自身が文字のバランスに気を付けて書くようにはなりました。

講座ボリュームが足りない

チャレンジタッチは、通常のメインレッスン+実力UPレッスンを学ぶことができます。

週4回、1日に国語・算数を1回ずつやると、月の半ばには「メインレッスン」が終わります。

メインレッスンが終わったら、「赤ペン」を提出。

毎月25日に翌月の学習が配信されるまでは、「実力アップレッスン」に取り組むことになります。

まなにゃん

1日に2講座ほどで終わってしまうので、確かにボリュームが足りない、と感じることもあるかもしれませんね。

実際のタブレット学習内容詳細はこちら

ただし、チャレンジタッチはタブレットだけの教材ではありません。

タブレットとあわせて紙教材の課題もあるので、これも併せて取り組めば、そこまでボリュームが少ないと感じることはありません。

まなにゃん

むしろうちは紙教材がやり切れてない・・・

上の子

こ・・・今度やるよ!

実際に届く教材量はこちらからチェック

チャレンジタッチ科目ごとコース変更

さらに、無料で科目ごとにコース難易度の選択ができるので、早く終わってしまうという場合には、発展コースに変えてみるのもありですね。

ゲームばかりしてしまう

チャレンジタッチは教科学習のメインレッスンに加えて、こんなコンテンツも利用できます。

  • まなびライブラリ(児童書が読める)
  • ご褒美のゲームアプリ
  • カメラ
  • ・・・etc

お勉強要素のある物とはいえ、メインレッスン以外にも利用できるコンテンツがたくさんあります。

まなにゃん

確かに、メインコンテンツをおろそかにして、つい別のコンテンツばかりやってしまう可能性はあります。

タブレットが書きにくい

通常のタブレットと比較すると断然書きやすくはありますが、他の教材と比較すると確かに書きにくさはあります。

チャレンジタッチは画像の赤枠内に手をついてしまうと、うまく書くことができません。そのため、画面に手をついても書けるスマイルゼミなどと比較してしまうと確かに書きにくいです。

まなにゃん

我が家ではスマイルゼミと両方のタブレットを受講していますが、スマイルゼミの方が書き心地はいいです。

スマイルゼミのタブレット機能との比較はこちら

スマイルゼミとの教材内容全体の比較はこちら

あてずっぽうで回答できる

チャレンジタッチだけではなく、タブレット教材の弱みともいわれるのが、選択問題で適当に回答できてしまうところ。

紙の教材でも、選択問題であれな適当に回答はできますが、間違うと✖がついてしまいます。

タブレット教材の場合には、間違えても、別のボタンをタッチするだけですぐに次に進めてしまうので、紙教材よりも心理的ハードルが下がります。

上の子

分かんないからこっちでいいや。

まなにゃん

ちゃんと考えたの?

(引用:チャレンジタッチ

チャレンジタッチには解き直しシステムがついているので、不安な講座はもう一度復習しておくと安心です。

タブレットの時間制限ができない

チャレンジタッチは、タブレットの時間制限ができません。

一定時間たつと注意を促す画像やコメントは流れるものの、タブレットの使用制限自体は出来ません。

まなにゃん

タブレットは1日30分までね。

上の子

は~い。

最初にお子さんと使い方のお約束をしておくのが大切ですね。

『時間制限のできるタブレット教材がいい』という場合には、スマイルゼミも一緒に検討してみましょう。

スマイルゼミ教材内容詳細はこちら

チャレンジタッチのいい口コミ

まなにゃん

チャレンジタッチのいい口コミはこちら

一つひとつ詳しくご説明していきます。

※気になるものをクリックすると詳細までスクロールします。

楽しく勉強できる・成績が上がった

まなにゃん

チャレンジタッチにはとにかく楽しい!がいっぱい!

ゲーム形式の講座にタブレットで読める児童書、お勉強を頑張ればゲームアプリやプレゼントまでもらえる。

メイン教材の他にも思わず触ってみたくなるコンテンツがいっぱい!

上の子

キャラクターのコラショも可愛いよ!

子どもたちの興味関心を引き出し、遊び感覚で学べる要素がいっぱい!

お勉強にちょっと抵抗感がある、というお子さんでも楽しくお勉強を始められる教材です。

資料請求をすると、DVDや資料で詳しく内容を見ることができます。

まなにゃん

受講検討中の方は、まずは資料請求をしてみましょう。

\無料で資料をもらう/

お得な入会法も一緒にチェック!

コスパがいい

まなにゃん

チャレンジタッチは他のタブレット教材と比べてとにかくコスパのいい教材です。

通常9900円のタブレット代も6か月以上受講すると無料に!

受講費も他のタブレット教材より圧倒的に安いです。

さらに通常紙教材でも、難易度の高いコースに変更すると料金が高くなるのですが、チャレンジタッチは、科目ごとのコース難易度選択が無料でできます。

他のタブレット教材との料金比較はこちら

やる気が維持しやすい

チャレンジタッチは、毎日のお勉強を頑張ると、ご褒美にゲームアプリをもらうことができます。

さらに、日々のメインレッスンが終了して赤ペンも提出すると、努力賞ポイントをもらうことができます。

この努力賞ポイントは、集めたポイントによって、素敵な商品との交換ができるので、お子さんも商品を楽しみに頑張ることができますね。

上の子

ポイントいっぱいためたいから、頑張る!

まなにゃん

ゲームアプリという小さなご褒美と、努力ポイントでもらえる大きなご褒美で、上手にやる気を維持してくれるのがすごい!

さらに、タブレットのお勉強中にも、キャラクターのコラショがとにかくよく褒めてくれるので、一人でお勉強していても、誰かに見守ってもらえているような気持で学習できます。

1人でもお勉強できる

チャレンジタッチは、問題の説明、出題、丸付けから解説まで全てタブレットがしてくれるため、お子さん1人でもお勉強をすることができます。

チャレンジタッチ「おうえんネット」

お子さんの学習状況は『今日の取り組みメール』や『応援ネット』からの確認ができるので安心です。

予習復習ができる

チャレンジタッチ、教科書準拠の教材です。

自分の住んでいる地域を入力すると、自動でその地域で採用されている教科書が選択され、それに沿った内容の講座が配信されます。

まなにゃん

学校の教科書に合った内容で、予習復習がしっかりできるので助かってます。

赤ペン先生の添削がある

まなにゃん

チャレンジタッチには、進研ゼミの紙教材の講座と同様赤ペン先生の添削があります。

回数はそれほど多くありませんが、お子さんそれぞれにあてて、担任の先生から手書きのコメントが届くので、楽しみにしているお子さんも多いようです。

タブレット教材は1人で学べるところがメリットな半面で、塾と違って誰かに見てもらうことができない、というデメリットもあります。

まなにゃん

誰かに見てもらえることで頑張れる、というお子さんにとっても嬉しいシステムですね。

赤ペン先生は郵送ではなく、「赤ペン 提出カメラ」で撮影してタブレットから送るだけで済むのでとっても簡単です。

まなびライブラリが便利

チャレンジタッチには、『まなびライブラリ』というデジタル図書館が用意されており、1000冊上の児童書を無料で読むことができます。

鬼滅の刃やおしりたんていなどの人気の児童書も用意されているのが嬉しいですね。

まなにゃん

無料で読み放題はすごい!

他社教材と比較して劣る点

実際に、悪い口コミもあるチャレンジタッチ。

まなにゃん

他の教材と比較して劣る点もチェックしてから受講を検討すると失敗せずに済みますね。

他の教材に劣る点

  • タブレット性能
  • 使用時間制限ができない
  • 退会後アンドロイド化できない
  • 遊んでばかりになる可能性もある

チャレンジタッチは、画面に手をついてしまうと書けない仕様になっており、さらに退会後にandroid化して使うことができません。

まなにゃん

他教材よりもタブレット代は格段に安いですが、タブレット性能自体は劣ります。

また、タブレット使用時間の制限ができないため、利用しようとすれば何時間でも使うことができてしまいます。

タブレット性能の高い物がいい、使用制限ができるものがいいという場合には、断然スマイルゼミがおすすめです。

まなにゃん

スマイルゼミとのタブレット性能の比較はこちら

チャレンジタッチは『楽しく学べる』が強みの半面で、遊べるコンテンツが豊富なために、使い方によっては遊んでばかりになる可能性もあります。

シンプルにお勉強→ご褒美という形がいいのならスマイルゼミ

より学習要素が強く遊べるコンテンツやゲームアプリ無しがいいのなら、Z会のタブレットの方がおすすめです。

まなにゃん

資料請求で届く資料やDVDを見ると、かなり雰囲気がつかめます!

特に、ベネッセの資料請求は付録プレゼント付きのものも多く、かなりお得なので、ぜひ一度見てみましょう。

お得な付録やプレゼントはこちら

\資料請求して比較してみよう/

他社教材に負けないチャレンジタッチの強み

まなにゃん

チャレンジタッチの他に負けない強みはココ!

チャレンジタッチの強み

  • コスパがいい
  • 子どもをひきつける楽しさ
  • 科目ごとの難易度選択が無料
  • 教材バランスがいい

チャレンジタッチは、とにかく楽しくお勉強ができ、コスパのいい教材!

他教材との料金比較はこちら

タブレットはお子さんに合わせて無料で科目ごとの難易度選択が可能。

さらにタブレットだけでなく、紙や付録の教材もあるので、色々な教材でバランスよくお勉強することができます。

まなにゃん

紙教材があるので、鉛筆でのお勉強ができないのは不安、という方でも安心ですね。

こちらは1年生の4月号。

これだけの教材で2980円です。

上の子

わぁ~!このマイク何?やっていい?

まなにゃん

チャレンジタッチは、コスパも楽しさも抜群の教材♪

※チャレンジタッチに最安値で入会する方法はこちら

\今すぐ入会する/

チャレンジタッチは受講しない方がいいの?

こんな人にはおすすめ

チャレンジタッチはこんな方におすすめです

  • お勉強だけだと飽きちゃうかも
  • ゲーム感覚でできたりご褒美でやる気の維持できるものがいい
  • 1人で勉強するより、赤ペン先生やライブ授業など誰かに頑張りを見てもらえるものがいい
  • コスパのいい物がいい
  • タブレット+紙教材でお勉強できるものがいい
まなにゃん

チャレンジタッチは、とにかくコスパ良く色々なコンテンツ、教材で楽しくお勉強できるのが魅力です!

チャレンジタッチが不安な人はこちらがおすすめ

こんな人はチャレンジタッチ以外のタブレット教材も一緒に検討してみましょう。

  • もともとお勉強が好き
  • お勉強の講座はゲーム要素が強くない方がいい
  • 紙教材はいらずタブレットだけでシンプルに学びたい
  • タブレット機能の高い物がいい

\他のタブレット教材はこちら/

スマイルゼミ
  • シンプルな分かりやすい講座で学べる
  • お勉強の後には楽しいゲームがもらえる
  • タブレット機能が優秀
  • ゲームや学習時間の制限ができる
Z会タブレットコース
  • 難易度高めの問題に挑戦できる
  • ゲームアプリはない方がいい
  • ipadがあれば、専用タブレットを購入しなくてもOK

チャレンジタッチ、スマイルゼミ、Z会タブレットコースの比較が見たい、という方はこちらからチェック!

目次
閉じる